子供が楽譜を見ない理由

子供がピアノを楽譜を見ないで耳コピーしてしまっていつまでたっても音符を読むようにならないというお悩みです。

こういうお悩みは昔からあります。

あと、こういう子もいますよね。

楽譜を見ないで手ばかり見て弾いてる、楽譜はこっちなのに手ばかりずっと見て弾いてる子ですね。

これどちらも原因は読譜力がついていないからなんですね。

あとは、小さい頃からの習慣癖です。

楽譜を見て練習するっていう曲をつけなかったから、ということなんですね。

こういう子は、耳がいい子が多かったりもしますで、耳が良いのはもちろんいいんだけれども、それを続けていても音符を読めるようにはならないし、曲の難易度が上がった時大きな壁になってきます。

だから、まずは耳コピーをしている子は、耳コピを止めてみる。

多分耳コピーしてるって事は、ご自宅で YouTube とか CD とかで音源を聞かせていたり、もしくはお母さんがピアノを弾いてお子さんそれを覚えてるのどちらかかなあなんて思ってるんですが、それをまずやめてみる。

譜読みの段階で音源を音を聞かせない、譜読みが済んだら聞いてもいいんですけどね。

まずは、生徒には音符を読めるようにしてあげたいと思うんですね。

第一項目と言ってもいいと思ってます。

何年もかかりますけどね、音符が読めれば音楽でできることの幅がグッと広がります。

どんな音楽をするかジャンルにもよりますが、クラシックにおいては楽譜を読むということは必須です。

他の楽器とアンサンブルする時も、やはり楽譜は必要だし、楽譜を介して意思疎通もします。

音符は共通言語みたいなものですよね。

だから、やめたほうがいいんですね。

あとは、音符が読めれば知らない曲も弾けるようになります。

これすごい大きいです。

例えば、本を読むの慣れてる人って流し読みできますよね。

なんとなくで選んでしまう内容を、なんとなく把握できる。

それと同じで、音符が読めればちょっと楽譜を見て少しさらって雰囲気を掴むこれ弾けそうとか、これ好きかもとか判断がつきますよね。

そうすると、お楽しみの幅も広がると思うんです。

でも、耳コピーだと聞いた音楽しか弾けないってことですよね。

それは大きな違いかと思います。

耳コピは耳コピーで素晴らしい能力だし、それはあったらプラスです。

でも、それとは別に音符を読めるようにしていくことは大事かなと思います。

ちなみに、生徒は耳コピしないです。

音符読むのはまだまだ遅い子もいますけど、でも耳コピして練習してる子はいないはずなんですね。

それはなぜかと言うと、レッスンで生徒が新しい曲に進む時に意識的に私は見本をひかないようにしてます。

1回弾いたらそれを真似してしまいます。

子供はそうしたら音符読めなくなります。

ただ、生徒は音符を必死で読もうとするわけです。

その癖がついているから、耳コピという方向にあまり行かないんですね。

まずレッスンでは生徒が譜読みして弾いている様子をじっとまず聞いてます。

それでどこでつまずくがどういう風に音符を読んでいるかもチェックします。

まだこのぐらいと確認してるんですね。

あとはその様子で宿題の分量を調節します。

この速さならこのぐらいはできるかなしてほしいなと思って一応出してるんですね。

でも、レッスンでは子供たち集中してるし、横で穴が開くほど見ているので、子供達も必死でその時は読むんです。

家に帰るともしかしたら読めないって甘えが入るかも分かりませんけど、うちの子も練習の時読めないわからないって叫んでる時あります。

それはでも遊びたいことが先行して時が多いです。

要するに急いでる時なんですね。

冷静になれば、時間があれば大抵は読めるんです。

お家でお子さん読めないとかわからないって言ってきた時どうすればいいかと言うと、私は右手だけでまず弾いてごらんとか、左手だけで弾いてごらんと言います。

簡単な条件にして聞いてみた後は、なんか変な音を弾いて繰り返してたらそこなんか変だよ音符もう1回見てごらんと言います。

あまりにも初歩的なことを考えずに分からないって言ってたら答えは全部楽譜に書いてあるでしょうって言います。

楽譜を読んでピアノを弾くことはとても重要なことなので、ここは時間をかけて根気よくやっていくようにしましょう。

ページトップに戻る